【衝撃】安達祐実と実兄の2ショットをご覧くださいwwwww

1 :芸能これ1番 2018/10/22(月) 05:05:48 ID:CAP_USER9.net
2018年10月22日 3時50分 ナリナリドットコム
安達祐実、俳優の実兄との2ショットに反響

女優の安達祐実(37歳)が10月20日、自身のInstagramで、実兄との2ショット写真を披露している。

安達はこの日、「#兄の舞台観てきた #演劇集団 #イヌッコロ 『#オタッカーズハイ』 いつも、すごい笑えるw」とのコメントと共に、兄・長谷川哲朗とのツーショットを投稿。同劇団の公式サイトによると、長谷川はイヌッコロのメンバーで、この舞台は10月16日から21日まで、東京・新宿にある劇場で公演が行われていた。

これにファンからは「似てる!」「お兄さんが俳優さんなの知らなかった!」「美形兄妹!!」「お二人ともかわいい」「似てらっしゃいますね」などの声が寄せられている。


#兄の舞台観てきた[_yumi_adachi]


https://www.narinari.com/Nd/20181051730.html
続きを読む
カテゴリー: 未分類

【悲報】高橋みなみさん、もうすぐ消えそう・・・

1 :芸能これ1番 2018/10/21(日) 17:08:02 ID:CAP_USER9.net
元AKB48グループ総監督で2016年にAKBを卒業した高橋みなみが9月26日、
「モンスターストライク展」のPRイベントに登場し、同15日に第1子妊娠を発表した前田敦子に改めて祝福のコメントをした。

AKBのなかでも“神7”と呼ばれた人気メンバーはすでに全員が卒業しているが、早くもそれぞれのソロ活動の明暗がはっきりしつつある。
前田は「第35回日本アカデミー賞」で話題賞(俳優部門)を受賞するなど女優として活躍し、結婚・妊娠と公私において世間の話題になることも多い。
大島優子は前田と同じ太田プロダクションに所属し、女優としても「第36回日本アカデミー賞」話題賞(俳優部門)、
「第38回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞するなど、確実に女優としてのキャリアを築きつつある。

また、小嶋陽菜はファッション誌「MAQUIA」(集英社)や「sweet」(宝島社)などでモデルを務め、
人気ジュエリーブランドの広告キャラクターなどもこなし女性人気の高いモデルとして定評がある。

一方、篠田麻里子はプロデュースするファッションブランドが潰れたり、今年には「MORE」の専属モデルを卒業したりと、
今も藤原紀香らが所属する有力芸能事務所サムデイに所属しているにもかかわらず、以前の活躍ぶりは見る影もない。

そして、神7のなかで今後の活動が心配されているのが、板野友美と高橋みなみだ。スポーツ紙記者はいう。

「CDが売れない時代。そもそも本格的にソロで歌手としてやっていくというのは難しいでしょう。
高橋はもともとトークに長けているので、テレビ番組やラジオのMCの仕事が向いており、本来であればタレントとしては重宝されてもいい存在です。
しかし、今では露出も徐々に減り、明らかにタレントとしてのブランド力はなくなってきています。
結局、イベントなどでもマスコミは高橋自身のことよりも、時事的な問題や元メンバーの動向などについて、どうコメントするのかということに関心がいってしまいがちです。
このままでは、タレントとしての活動がどんどん先細っていってしまうのではないでしょうか」

前述した9月のイベントでも、高橋が前田の妊娠についてコメントを求められたのは、その最たる例だろう。その場にいたというテレビ局関係者は語る。

「高橋が前田の妊娠についてコメントをする際は、少ししづらそうでしたね。
結婚の報告は、誰よりも早く高橋にあったというのは自身も語っていますが、どうやら妊娠の報告は受けていなかったみたいで、無理やり結婚報告の時の話を持ち出して、
『お母さんとしてもいったいどうなっていくのか、すごく楽しみにしています。敦子おめでとうございます』と誰でも言えるような、あっさりしたコメントでしたから。

それに、この日は高橋さんの“隠れ特技”でもあるキャラクター模写の絵を披露したのですが、報道ではほとんど取り上げられていませんでした。
さらには、高橋自身も昨年に一般男性との交際が報じられたというのに、
その件については質問すら出ていませんでした。マスコミも高橋個人については大きな関心はないのです」

AKB時代、「努力は必ず報われる」という名言を残した高橋だけに、今後の踏ん張りに期待したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/15476949/
2018年10月21日 16時0分 ビジネスジャーナル

続きを読む
カテゴリー: 未分類

【画像】つんくファミリー史上最も不幸なソニンの現在wwwwwwww

1 :芸能これ1番 2018/10/21(日) 06:41:21 ID:CAP_USER9.net
元モーニング娘。吉澤ひとみ被告が酒気帯び運転でひき逃げ事件を起こしたことをきっかけに、皮肉にも脚光を浴びることとなってしまった、
ハロー!プロジェクト(以下・ハロプロ)を代表とする、つんくファミリーのメンバーたち。
ファミリーの中でも、ハロプロ全体のリーダーで、アイドルグループ「アンジュルム」のリーダーでもある和田彩花が代表して謝罪するなど、モーニング娘。以外のメンバーにも影響を及ぼしたようだ。
今でも、つんくファミリーには多くのグループが存在するが、モーニング娘。が全盛期の頃は、派生ユニット「プッチモニ」や「ミニモニ」など多くのユニットが存在していたことを懐かしく思う人も多いだろう。

その中でも、つんくファミリーの一員として2000年にデビューし、3rdシングル『おっととっと夏だぜ!』でヒットを記録したEE JUMPは、最も悲しい結末を迎えたユニットの一つかもしれない。
後藤真希の弟であるユウキとソニンとKEN(CDデビュー前に脱退)からなるユニットだが、ユウキの不祥事によりわずか2年で実質解散してしまった。
ある意味、“不幸”に巻き込まれてしまったソニンだが、彼女は今何をしているのだろうか。

「ユウキさんは、マネージャーに暴行を加えたことで謹慎となり、その頃からソニンさん一人で活動することも多くなりました。
謹慎後にはEE JUMPとして再出発を図るのですが、当時15歳だったユウキさんのキャバクラ飲酒が発覚。
2002年にEE JUMPは実質解散し、ソニンさんはソロデビュー。
一方、ユウキさんは窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕され、5年ほど服役しています。
ソニンさんはもう一緒には活動していない時期の出来事ですが、この事実は、多少なりともソニンさんのイメージ低下に影響を与えたでしょう」(芸能記者)

しかし、ソロデビューを果たしたソニンの人気も長くは続かず、今ではすっかりテレビで見かけない。
だが、別の世界で精進しているようだ。

「ソニンさんはEE JUMP解散後に本格的に舞台に力を入れ、今ではコンスタントに舞台で重要な役柄を演じています。
ソニンさんは歌手から舞台女優にシフトしたというより、0から勉強をした努力家。2012年には文化庁新進芸術家海外研修制度という、合格率約20パーセントほどの制度に選ばれニューヨークに留学をしています。
帰国後の2016年には演劇界の権威ある賞とも言われる菊田一夫演劇賞を受賞したほどの実力者です」(前出・同)

ソニンの実力は多くの専門家にも認められ、演技力や歌唱力に加え、演技に対してストイックな姿勢も評価されている。
自身のTwitterでは「あぁ舞台って本当に刺激的。人間の深く複雑な部分を詰めている」と舞台について語っているソニンだが、しっかりとした下積みがあるからこそ、この言葉を綴ることができるのだろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/15474919/
2018年10月21日 6時0分 リアルライブ

続きを読む
カテゴリー: 未分類

【悲報】沢田研二の公演中止理由が嘘とバレるwwwwww

1 :芸能これ1番 2018/10/19(金) 11:18:14 ID:KLws9ZbU0●.net

歌手の沢田研二(70)が10月17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった、
「沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」が突如中止になった。

当日に中止を知ったファンに「重大な契約の問題が発生したため、本日の公演は中止とさせて頂くことになりました」と
説明の貼り紙がホール前に書かれていた。
沢田研二は翌日18日に報道陣の前で「(平日の夕方に)9000人集まる予定が7000人しか集まらなかったため」と説明し、
集客出来なかったのを理由に中止と語った。ライブの前日には「反原発の署名が中止の理由」という噂もTwitterで浮上。

そこで運営会社に電話してみると新たな情報を得ることができた。

運営会社のチケットポートによると「集客人数云々が理由ではありません。何故あのようなコメントしたのか。
そもそもこちらには契約上の問題以外に情報がなく、反原発の署名が問題だったのか集客数が問題だったのかは
把握していませんし調査しています」とコメント。このようにチケットポート側も公演中止を把握しておらず、
また「集客人数が9000人が7000人になったところで公演中止っていうのは聞いたことないですね」と回答。

まとめると、18日の集客人数が理由での中止という発表は沢田研二独断の発表の可能性が高く、
現段階では「契約上の問題」以外の情報を運営も知らされていない。

チケットポートに取材の前後に株式会社さいたまスーパーアリーナにも問い合わせたが、
「こちらは何も把握しておらずチケットポートさんに聞いて下さい」としか回答が無かった。

今回の沢田研二の公演中止についてはチケットポートのウェブサイトに記載されているが、
中止理由は「契約上の問題が発生した為」としか書かれていない。

一部スポーツ紙やテレビ番組では「反原発活動が理由か」と報じている。

http://gogotsu.com/archives/44077


続きを読む
カテゴリー: 未分類

【悲報】能年玲奈さん「ゆるじで!」前の事務局に泣き寝入り

1 :芸能これ1番 2018/10/19(金) 16:25:39 ID:zvc1rFakM.net
所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

 レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至った」という。

 のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。
「月給は5万円でパンツも買えなかった」などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

 そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。
レプロは「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」
とコメントし、面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

 また、同誌で「和解」と報じられていることにも「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。
来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

 一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」(関係者)
との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。

 ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。
16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に改めて活動を開始していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000110-spnannex-ent
続きを読む
カテゴリー: 未分類

【悲報】後藤真希さん、本日爆弾告白wwwwwwwww

1 :芸能これ1番 2018/10/18(木) 15:27:16 ID:CAP_USER9.net
元モーニング娘。でタレントの後藤真希が、あす19日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。
モー娘。時代の話から結婚後の家庭の話まで、アイドル時代には決して語られなかった“ぶっちゃけ”トークの数々をダウンタウン、坂上忍、菊地亜美に披露する。

菊地は「この回に来られて良かった」と同じ元アイドルとして憧れの後藤に会えて感動を隠せない様子。
そんな人気アイドルで、ダウンタウンがMCを務めた音楽番組『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』にも過去26回も出演した後藤の当時の映像を振り返りながら「後藤真希33歳 今だから言える○○」と題して、さまざまなエピソードに迫っていく。

アイドルとして人気絶頂の時期に実家で(現在の夫と)同せいしていたという爆弾告白にはダウンタウンも驚がく。
さらにファンとのまさかの関係も明らかになり、菊地もたまらず「今のアイドルだったらクビですよ!」とツッコミを入れる。

モー娘。卒業から15年が経過した後藤だが「どこまで言っていいか分かんない」と言いながらも“なっち”こと安倍なつみとの“いろいろあった”というリアルな関係もぶっちゃけると、松本人志も興味津々。
さらにモー娘。OGや後輩たちからもタレコミが届き、メンバーだからこそ知る後藤の素顔が明かされていく。

「ハシゴ酒」のコーナーには、高橋メアリージュンも出演。
先日婚姻届を提出し、幸せいっぱいの妹・高橋ユウも登場し「なぜ姉が幸せになれないか」を証言していく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000358-oric-ent

『ダウンタウンなう』 後藤真希



元モーニング娘。 後藤真希
続きを読む
カテゴリー: 未分類