【朗報】横山由依さん、あまりにもドスケベすぎるエチエチ先生になってしまう

1: 47の素敵な(地震なし) (4級) 2018/10/19(金) 23:48:10.02


続きを読む

「きゃりーぱみゅぱみゅ」の路線チェンジ

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/19(金) 07:13:08.74 ID:CAP_USER9

 かつては、こりん星の住人だったタレントの小倉優子も、今では「好きなママタレランキング」で1位を掴む存在に。この人も、キャラクターの脱皮を図り、飛躍したいということか。

 きゃりーぱみゅぱみゅである。きゃりーといえば、ド派手な衣装・個性的な歌詞・不思議なダンス、この3点セットの印象が強い。が、今月4日、プロバスケットボールのハーフタイムショーに現れた彼女は、イメージと真逆のものだった。

「オリーブ色のトップスに、髪飾りもしないシンプルな装いでした。曲調もゆったりめで、ダンスも普通。遠目からは、きゃりーだって分からないくらいでした」(運動部記者)

 25歳を迎えた彼女は、どうやら路線変更を狙っているようで、最近のインタビューでも、〈30歳、40歳でツインテールでテレビに出て、「さすがにきつい」みたいに思われたくないですし〉、と答えている。

 音楽業界関係者も、

「だいぶ早い段階から悩んでいましたよ。飲み会の場で、男性大御所アーティストに、『もう原宿系はキツイですよ』と心情を吐露することもありました」

 と、意外な一面を語る。

 先月末に、4年ぶりとなるアルバムを発売したが、“脱カワイイ”を世間はどう受け止めたのか。

「セールスは1万枚をなんとか超えるくらいで、トップ10にも届かない。オリコン1位を取った前作と比べても勢いがないです。ファンも一緒に年を重ねているんですが、きゃりーに大人っぽさを求めていないということでしょう」(同)

 迷走して改名、なんてことも有り得るかも……? 

「週刊新潮」2018年10月18日号 掲載

10/19(金) 5:59配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00550237-shincho-ent
https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2018/10/1810190559_1.jpg

136463175824013212946_carri_web

続きを読む

この和田アキ子とGACKTの写真ワロタwywywywywyw

1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 09:00:58.45 ID:H4SjZMU7a

gacktアッコさんのフェスに出なきゃならない。なんとか逃げ出そうと試みる。。。が、無残にもアッコさんに捕まってしまう。やっぱ芸能界って怖い。。。
@GACKT
@gackt_official
@Ako50th
#GACKTstagram
#WadaFes
#芸能界って怖いところ
#逃亡失敗
#ヤルからにはキッチリ感動させますよ

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/7/3/73bc5cf6.jpg


2

続きを読む

山本彩の名言がカッコ良すぎる

1: ジョーカーマン ★ 2018/10/18(木) 13:04:35.98 ID:CAP_USER9

8周年を記念した「NMB48 8th Anniversary LIVE」が17日、地元・大阪城ホールで開催された。



白間美瑠は「8年は早いなって思います。今では、ひとりずつ個性を出してきて、個性を伸ばして仕事やチャンスをつかみ、新しいNMB48になってるなと思います。でも、まだ私には何もないなって思っていて。さや姉は歌やダンスが上手でキャプテンシーがあって、あかりんは女子力動画という顔があったり、本当にみんな努力して、自分のカラーを伸ばしていってすごいなと思います。でも私は何があるかなってよく考えるんですけど、まだないかなって悩んだりします。でも、1期生として9年目、ものすごく、最大の踏ん張りどころだと思っています。まだ悩んでばかりの私ですが、NMB48のことが一番大好きなのは誰にも負けません」と涙をこらえて話した。

そんな同期の告白に、山本から「人と比べたらいかんぜよ。比べていいのは、過去の自分と未来の自分」との名言が飛び出し、ファンとメンバーから「おお?」と拍手喝采。

続けて山本は、「それぞれは強みがあるけど、全員が集まったときに大きな力にならないと意味がない。昔、チームNの円陣であったんですが、『ワンフォーオール、オールフォーワン』、それがNMB48なのかなと改めて思います。今が最強で最高といえるグループであり続けてほしい。ひとりひとりを見つめ、そのひとりずつが合わさったNMB48を愛してくれたらと思います」と続けた。

最後は、NMB48にとって思い出いっぱいのナンバー『三日月の背中』、『青春のラップタイム』を熱唱。

笑いもあり、そしてNMB48に対する思いが溢れて、思わずこぼれた涙もあった今回のコンサート。
最後は「笑顔が一番やな」と、『ワロタピーポー』で幕を下ろした。

全文
http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_32018

「NMB48 8th Anniversary LIVE」 山本彩
http://pbs.twimg.com/media/Dpv5a4mUUAAGbjX.jpg
白間美瑠
http://pbs.twimg.com/media/Dptxj2UU0AAQDQP.jpg

山本彩と白間美瑠
http://pbs.twimg.com/media/Dpt3EviVAAEd8l_.jpg

BjMZTvPCUAEkHTr

続きを読む