すみれが日本のバラエティーへの嫌悪感

1: ひかり ★ 2018/04/18(水) 22:24:42.74 ID:CAP_USER9

 女優・すみれ(27)が18日、フジテレビで放送された「梅沢富美男がズバッと聞きます!」に出演。日本のテレビのバラエティー番組への嫌悪感を
明かした。すみれは2016年秋に日本での芸能活動を突然休業したが、その理由を巡ってさまざまな憶測を呼んでいた。

 すみれは俳優・石田純一を父に、女優・松原千明を母に持ち、大学在学中に芸能界に本格デビューした。その後は有名人の2世としてバラエティー番組に
引っ張りだこになったが、すみれは「ずっと芝居してましたね。(画面上は笑ってるけど)笑ってない、ずっと笑ったふりだった。バカキャラを作ってた」
と告白。“偽りの自分”を作ってテレビに出ていたことへの嫌悪感を告白した。

 また、「本当は低い声だけど、日本にいたら、みんなアニメみたいな(高い)声だから、変えなきゃいけないのかな」と“日本のテレビ仕様”に声の高さすら
変えていたことも明かした。

 そんな日本での生活で、16年に精神的に限界に。「精神面も疲れちゃって。(私を)分かってくれない、どうすればいいのかな、ってすごい悩んでました」
と吐露した。

 すみれは16年10月にコンサートの出演を中止し、その後は体調不良を理由に日本では活動休業状態に。現在はロサンゼルスを拠点に、
日本での貯金を切り崩しながらハリウッド女優を目指し、オーディションやレッスンを受ける日々を送っている。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000124-dal-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_sigghdSCw_UEU5ja03kZPj6P7g---x749-y900-q90-exp3h-pril/amd/20180418-00000124-dal-000-4-view.jpg

20171020-00000242-sph-000-4-view-600x600

続きを読む

ヒロミが芸能界に復帰した本当の理由www

1: Egg ★ 2018/04/18(水) 12:54:02.25 ID:CAP_USER9

日曜朝のトーク番組「ボクらの時代」。この日のゲストは坂上忍×ヒロミ×サンドウィッチマン伊達みきおの3人だった。

坂上が「とんねるずのみなさんのおかげでした」の後番組をやることについて、「運命なんだね」とヒロミ。「タモさんの後もやったし」と「バイキング」のことを持ちだすが、当初、坂上の担当は月曜だけだったのに、すっかりタモリの後釜という立ち位置になっているから図々しい。ヒロミと坂上は同年代で、仲良くやっているようだが、伊達だけは世代が違うので、一歩間違えばパワハラ、いじめのようなやりとりが続き、見ていてちょっと不快になった。

(中見出し)
これだからバブル時代のタレントは困る
一時期、芸能界を遠ざかっていたヒロミだが、数年前に復帰。これについては、「東京五輪が決まったからなのね。東京五輪が決まった時に、おれ、普通の人だったから。いやー、芸能界でなにかチケット手に入いんねえかなあとか。それで戻る気になったのよ」と。

タレントパワーを使って、五輪のチケットを手に入れようという甘い考え、これだからバブル時代のタレントは困る。おまけにそれを悪びれず言ってしまうところがもう駄目。自分たちを特権階級だと思っているのか。そういうところが本当にイラっとする。

伊達は1か月前の3月11日にもこの番組に出演。その際、宮城出身の糸井重里、相方の富澤たけしと3人で、被災地とどう向き合っていくかと真剣に語っていたのに。つき合う先輩は選ばないと

2018年4月18日 10時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14594923/

20180415hochi102_0

続きを読む

元℃-ute岡井千聖の意外な趣味wwwwww

1: ジョーカーマン ★ 2018/04/18(水) 15:39:56.14 ID:CAP_USER9

タレントの岡井千聖(23歳)が、4月17日に放送されたバラエティ番組「チャンスの時間」(AbemaTV)に出演。
「競輪が好き」との意外な告白に、スタジオから驚きの声が上がった。

この日、番組MCを務めるお笑いコンビ・千鳥のノブから「岡井ちゃんは何かギャンブルとかやるの?」と聞かれた岡井。
すると「私はあんまりしないんですけど……競輪」と答え、その意外な回答にスタジオは驚きと笑いに包まれた。

大悟が「それ、最終的にいくとこやで? わしもまだ手を付けてない」とツッコむと、岡井は「競輪番組をきっかけに見るようになって。自分で新橋に行ってチケット(車券)買ったりしてます。面白いですよ!」と、好きになった経緯を説明していた。

☆Instagramでも“競輪話”

岡井はこれまで、幾度かInstagramでも競輪の話をしている。
最近では3月20日に愛媛県の松山競輪場を訪れたことを報告。
「あ~~今日のレース本当にかっこよかったな。1人1人がかっこよすぎた あの始まる前の緊張感もすごくて どの選手も強すぎて誰が“一位”をとってもおかしくない状況の中 私たちの期待に応えようと 全力で熱い走りを毎回してくれる選手の皆さん あのかっこよさは本当にハンパない! 本当にこの良さをもっともっと 欲を言えば若い人にも! 知ってもらいたいなあ」などと熱くつづっていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14595800/

「チャンスの時間」 岡井千聖
no title


続きを読む

小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか

1: Egg ★ 2018/04/17(火) 07:14:18.35 ID:CAP_USER9

人気番組の春の新MCが続々とお披露目になっている。辛口コラムニストの今井舞さんが、新たな顔ぶれについて分析する。

笑福亭鶴瓶(66才)がMCを務めるTBSのトーク番組『A-Studio』の10代目サブMCには、元AKB48で女優の川栄李奈(23才)が選ばれた。鶴瓶からの評価は上々だが…。

「ゲストに対して『私の時は…』『私がご一緒した時は』と、とにかく“私”が主語の話が多かった。“目指せさしこ”の鼻息の荒さは充分伝わってきましたが。さしこのスタイルのよさ、目鼻のデカさと比べて、容姿が全体的に小さくまとまり、地味で印象薄。さしこより“2代目大沢あかね”に近い気がします」

バラエティーに引っ張りだこの小島瑠璃子(24才)は、15周年を迎えたNHK・Eテレの科学番組『サイエンスZERO』のMCに。6年間MCを務めていた女優・南沢奈央(27才)からバトンを継いだ形だ。

「初登場なのに、ずっと前からこの番組を担当しているかのような安定感はさすが。解説する専門家の言いたいところをかいつまみ『なるほど、つまりこういうことなんですね』と視聴者にわかりやすく伝える通訳的な仕事も、もはや老舗の貫禄。“ポストベッキー”どころか、ひょっとして有働さんの椅子を狙ってたりして…!?」

合格点あれば落第あり、評価が分かれた新MCたちだが、このほかに今井さんの熱視線が注がれるのは、近江友里恵アナが卒業した『ブラタモリ』。後任には林田理沙アナ(28才)が抜擢され、4月21日放送回からタモリと共にあちこちをブラつくことになる。

「久保田祐佳アナ(35才)、桑子真帆アナ(30才)、近江アナに続く、タモリさんの相棒は、“NHKの出世路線”。“高視聴率番組で、魅力をアピールして知名度を上げてこい”と期待の若手が送り込まれています。ただ、桑子アナも近江アナも人気が出るとすぐに卒業と、落ち着く間もなく顔がすげ替えられるので、近頃は人気者の突貫工事の印象が。急ごしらえの階段を上るシンデレラ・林田アナは、このチャンスをどう生かすのか楽しみです」

※女性セブン2018年4月26日号

4/17(火) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00000009-pseven-ent

写真

無題

続きを読む