本田望結ちゃんが子役時代傷ついたこと

1: ひかり ★ 2018/09/14(金) 23:43:04.31 ID:CAP_USER9

 女優でフィギュアスケーターの本田望結(14)が、14日放送のカンテレ「快傑えみちゃんねる」(金曜、午後7・00)に出演。
子役として活動していた幼少時のドラマオーディションで味わった悔しい出来事を明かした。

 4歳でデビューした本田は「小さい頃のオーディションの話なんです」と切り出し「わたしは最終審査とかで2人とか3人まで残って、
落ちちゃうことが多かったんです」と説明。

 そんなことが続いていた時期にテレビを見ていたら、自分がオーディションで落ちたドラマが流れていたそうで
「見ていたら、(最終の)2、3人に残っていなかった、その時に有名なブレークしてた子役の方が出ていらっしゃったんです」と明かした。
本田は「そのときは、子供ながらに最初からそう決まってたのかなと思うと、ちょっと傷つきましたね」と振り返った。

 ただ6歳時に出演し、大ヒットした日本テレビ系「家政婦のミタ」に関しては、オーディションの際に
「自信を持って絶対受かったと思いました」と明かした。「やりたいとかじゃなくて、自分にしかできない」と思ったそうで、受験後に母親に
「絶対受かった」と伝えていたところ、地元に戻る新幹線の中で、合格の連絡が来たと明かしていた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000138-dal-ent
http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/2/d/2d64a6e8.jpg


77

続きを読む

【速報】女優の志田未来(25)さんが結婚、相手は・・・・・

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [ニダ] 2018/09/14(金) 15:08:25.30 ID:igm6DA7x0 BE:427640967-PLT(13041)

sssp://img.5ch.net/ico/normal.gif
志田未来、一般男性との結婚を発表「仕事と家庭のどちらも大切に精進していきたい」

 「14才の母」で妊娠&出産する中学生役

 女優の志田未来(25)が14日、一般男性と今月に結婚したことを所属事務所を通じて発表した。

 志田は報道各社にあてた書面で「私事ではございますが、この度、入籍致しましたことをご報告させていただきます」と報告。
相手の男性については、「古くからの友人で、一般の方です」と記した。

 さらに、「6歳から仕事を始め19年間、皆様の応援に支えられて、今まで続けてこられました。本当にありがとうございます」と感謝。
「今後は、仕事と家庭のどちらも大切にしながら、精進していきたいと思いますので、変わらず、温かく見守っていただけると嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します」とコメントした。

 所属事務所によると、挙式・披露宴は未定。志田は妊娠はしておらず、仕事は続けていく。相手は一般男性のため、
年齢や入籍日は公表していないが、今月に入って婚姻届を提出したという。

 志田は2013年にイベントに出演した際、「20代のうちに子ども2人産みたい」と母親願望を告白。
16年の映画イベントではウェディングドレス姿を披露し、自身が結婚したい年齢に掲げてきた23歳に到達したため
「2~3年延ばして、25~26歳で結婚したい。白無垢(むく)を着たい」と語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00010003-spht-ent

shida04

続きを読む

綾瀬はるかワロタwwwwww

1: ひかり ★ 2018/09/13(木) 13:20:12.50 ID:CAP_USER9

女優の綾瀬はるか(33)が13日、都内で行われたCMキャラクターを務めるブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック」(BLIZZAK)の新CM発表に、同社のアスリートアンバサダーを務めるプロゴルファーの宮里藍(33=サントリー)、アイスホッケー女子日本代表の「スマイルジャパン」の選手
3人とともに出席した。

冬用タイヤのCMということで「これまでは『タイヤ先生』の白衣とかでしたけど、大人っぽい衣装になりました」と話した綾瀬はCMで着用しているのと同じ、冬をイメージしたシックな衣装姿で登場。「雪国装着率ナンバーワンの『ブリザック』に、早めに交換しましょう」とアピールした。

イベントでは、綾瀬が藍とスマイルジャパンの選手たちにクイズを出題するコーナーもあった。

タイヤの商品名「BLIZZAK」は、英語で大吹雪を意味する「ブリザード」(Blizzard)と、ドイツ語の「Zacke」を組み合わせた造語だが、 その「Zacke」の意味は?との3択問題を読み上げる際に「画鋲(がびょう)のようなトゲトゲの針」と読むべきところを「が、りゅう?」と読んでしまうひと幕もあった。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000016-tospoweb-ent

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/c/9/c9b093a9.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/f/c/fc25c11f.jpg


1

続きを読む

【悲報】三田佳子シャブ中次男 1日15万円のおこづかい+家族カード月200万円 羨ましすぎるだろ

1: 47の素敵な(pc?) (8級) 2018/09/13(木) 01:00:35.50

宮根キャスター、三田佳子次男・高橋祐也容疑者に憤り「いつまで足引っ張ってんだ」

12日放送の日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、女優・三田佳子(76)の次男で職業不詳の高橋祐也容疑者(38)が11日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された事件を特集した。

高橋容疑者が覚醒剤を巡り逮捕されるのは4回目。
直近では2007年に逮捕され、
08年に懲役1年6月の実刑判決を受けている。
逮捕を受け三田は「もう力及ばずの心境」とコメントを発表した。

番組では、高橋容疑者が今も三田から1日15万円もらっているなどと報じた昨年12月の女性誌の記事を紹介。
宮根誠司キャスター(55)は「38歳の男が母親から1日15万円もらって、 家族カードで月200万円?それって考えられないですけどね」と驚き、 「これがもし本当だったら、通常の状況ではない」と語った。

それでも「三田さんにはもう責任ないと思いますよ、僕は。 三田さんはやられたと思いますよ、38歳の男ですもん。自分で責任を取らないと」と話し、 「罰することは病気を治すことではないので。罰することはもちろん大事なんだけど、 その後、リハビリ施設というところに強制的な入院だとか、 ダルクに入院だとかっていうシステムを作らないと、治らない」と指摘。
最後には「いつまで足引っ張ってんだって気はしますけどね」と苦言を呈していた。

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180912-OHT1T50111.html

 1度目の逮捕時、「毎月50万円の小遣いを渡していた」とも明かし、厳しい意見にさらされた。

「3度目の逮捕は、祐也容疑者が27歳の時でした。 それでも当時、『月に70万円の小遣いを渡している』と会見で話し、ヒンシュクを買いました。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0911/asg_180911_4341187158.html

今回 月に450万円のお小遣い+月200万円まで使い放題の家族カード

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/4/2/42089325.jpg

2

続きを読む

藤原紀香、大坂なおみ選手祝福も身内語りで批判

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/11(火) 19:03:32.36 ID:CAP_USER9

女優の藤原紀香が自身のブログで、テニスの全米オープンで日本勢初の4大大会シングルス優勝の偉業を達成した大坂なおみ選手を祝福したものの、ネット上で物議を醸している。

藤原は10日にブログを更新し、「なおみさん、おめでとう!」というタイトルのエントリーを投稿。「なおみ選手、おめでとうございます!
US オープンテニスの大坂なおみ選手のプレー、そして優勝スピーチに、とても心を打たれました」と大坂選手を祝福した。
さらに、「たくさんのブーイングに礼をもって返した優勝スピーチや姿勢など最高に日本人の魂を感じました」とつづり、
「プレーだけでなく人としての魅力に満ち溢れているなおみ選手 これからも、多くの人が期待し応援することと思いますが、私もその一人として 応援します」と自身の想いを記していた。

また、藤原は「ちなみに」として、「義理の妹の父が、テニスの全豪オープンに出た人で(本人曰くレジェンド 笑)昔から親族集まればテニスの話題で盛り上がります」と告白。
「私もテニスに精通している友人に誘われ、錦織選手やダニエル太郎選手の試合を観戦に行ったりします」と普段からテニス観戦をしていることも明かし、「スポーツって、いいですね!」とつづっていた。

しかし、このエントリーに対して、ネットからは「こんなときでも自分の話しないと気が済まないの!?」
「人の祝福だけすることはできないのか…?」「義理の妹の父という他人の栄光を持ち出してきてまで自分のこと話したいの?」といった批判の声が集まっている。

実は藤原、2014年にフェイスブックで「今日の日刊スポーツの一面トップに、テニス歴代の4大大会出場者レジェンドたちの名前が出ていて、弟嫁のパパの名前を発見!」と投稿。
「酔っぱらうと熱くテニスを語るのね、パパさん。と思っていたら、名門甲南庭球部出身で、インターハイも優勝し、全豪オープンも出場してらっしゃった人とは知らず、、、」と、自身の弟の妻の父がテニスをしていたことを、
その際初めて知ったことを明かしていたが、今回、「義理の妹の父」と表現した人物も同じ人物と思われる。

日本中が祝福ムードに湧く中、無理矢理ねじ込んできた自身に関する話題に、ネットユーザーの呆れ声が多く聞かれていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1519622/
2018.09.11 18:20 リアルライブ

fujiwara

続きを読む